【Webで生きる男たちのひとり言シリーズ】これからアクセス解析の話をしよう
2017/07/20

【Webで生きる男たちのひとり言シリーズ】

これからアクセス解析の話をしよう

インターネットで様々な情報に瞬時にアクセスできるこの時代において、自社Webサイトへの集客やWeb問合せ数/売上の向上は企業にとって重要なミッションと言えます。そのミッション達成の強力なパートナーとなるのが今回ご紹介する「アクセス解析」です。既に多くの企業が実施をしており、まさにデジタルマーケティングの基本とも言えるアクセス解析ですが、必ずしも使いこなせていないというのが現状です。

本連載では、アクセス解析の基本から具体的な取り組みの方法、最新トレンドのご紹介まで幅広くお伝えをさせていただきます。

<第1回目>の本コラムでは、アクセス解析の基本的なポイントをお話しいたします。“これからアクセス解析を始められる方”、“いま携わっているけど改めて理解を深めたいという方”は、是非ご一読ください。

そもそもアクセス解析ってなに?

お客様から最初に聞かれる“そもそもアクセス解析とは何か?”というご質問。これに対して、私はいつも「Webサイトを『見える化』することです」、とお伝えしています。アクセス解析がなければ、“どれくらいの人数がサイトに訪問しているのか?”“どのページが良く見られているのか?”“ユーザの訪問目的は何なのか”といったようなことが分かりません。

アクセス解析ツールを導入することで、Webサイトの状況やWebプロモーションの結果を数字で把握できるようになり、Webマーケティングの“現状と課題”を明らかにすることができます。

この“課題を明らかにできる”という点が非常に重要なことで、課題を明確にすることで次の改善に繋がる施策を打つことが出来るようになります。数値の改善という目標に向かってWebサイトを成長させていくことが出来るようになるわけです。

どういった数値を見れば良いのか?

では、Webサイトの成長に向けて、アクセス解析でどういった数値を見れば良いのでしょうか。

PV数(ページビュー)、訪問回数(セッション)、訪問者数(ユニークユーザ)、CV数(コンバージョン)といった基本的な指標のほか、リファラー、新規率、直帰率、粘着率、訪問あたりPV数、フォーム遷移率などなど、アクセス解析ツールでは様々な指標を数値で確認することが出来ます。

ただ、これらの指標を一気に覚えるのはひと苦労です。最初からあまりに多くの指標を見てしまうと、混乱して嫌になってしまいますよね。

まずは簡単なところから見てみよう!

そこで私がお勧めしている数値の見方は(特にアクセス解析を初めて扱う方やまだ使い慣れていない方必見!)、 最初からあまり深く考えずに、“ひとまず今のWebサイトやWebプロモーションで気になる点を見てみる”です。

指標を覚えるのは難しくても、

  • 「ユーザはどこからサイトに来ているのだろう?」
  • 「どのページがよく見られているのだろう?」
  • 「広告を出したけど、どの広告の効果がいいのだろう?」
といった点に絞ると、考えがシンプルになるかと思います。“これだけで良いの?”と思われるかも知れませんが、まずはこれで大丈夫です。ここで大事なのが、ただぼーっと数値を眺めるのではなく、“意識をして数値を見る”ということです。

意識をしていくつかの数値を見ているうちに、

  • 「あれ?このサイトから良くユーザが来ているな→問合せに至っているか見てみよう」
  • 「Aページが良く見られているようだ→ここから他のページも見てくれているだろうか?」
  • 「B広告の効果が低いぞ→ランディングページ(LP)を見直してみよう」
といった次の疑問が自ずと浮かんでくるはずです。この思考を繰り返していくことが、アクセス解析の数値を見る基本となりますので、お試し下さい。

奥が深いアクセス解析

今回のコラムでは、アクセス解析の基本的なポイントについてご説明いたしました。

もちろんアクセス解析の用途はこれだけではなく、“仮説の検証”、“問題・チャンスの発見”、“ユーザ(顧客行動)を知る”、“意思決定の裏付けとなるデータを得る”、など様々です。

アクセス解析は知れば知るほど奥が深い世界。データから多くのことを我々に教えてくれる素晴らしいビジネスパートナーです。本連載を通して、皆さんも是非その奥深い世界に触れていただけると幸いです。

製品お問い合わせ

アクセス解析ツール「Visionalist」導入をご検討中の方は、
こちらよりご連絡ください。

Webコンサルティングサービスのお問い合わせ

当社Webコンサルタントが御社のサイト改善を支援します。
まずはお気軽にご相談下さい。

猪狩 孝志(いがり たかし)

年間数億PVの大規模サイトから中小規模のサイトまで、10年近く幅広い業界のWebアクセスログ解析のプロジェクトマネージメントを担当。Webサイト改善支援やWebマーケティング支援などWebサイトに関わる数多くのクライアントの課題を解決。データに裏付けされた課題の発見から情報デザインを考慮した改善策の立案までを得意とする。Google Analytics認定(GAIQ)資格保有。

トップへ戻る