BtoBサイトでのVisionalist活用 「企業名」編

今すぐ使える担当者ごとの活用方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高機能なWebアクセス解析ツールを有効に活用するためには、一定のスキルが必要とされます。また営業や商品企画などの担当者に役立ててもらうためには、担当者ごとのレポートを作成する等といった手間が発生します。
しかし、Visionalist(ビジョナリスト)の「企業名画面」は、直感的に内容を把握することができて、マーケティング部門だけではなく、他の部門でも業務に活用することができます。ここではその具体的な活用方法をご紹介します。

マーケティング担当者

Visionalistの「分析>企業名」を選択して、自社にアクセスしている企業の一覧を訪問回数順に見てみましょう。
マーケティング担当の方にぜひチェックしていただきたいことは、リストアップされている企業が「想定内」か「想定外」かという点です。その想定外企業のお客様が御社のサービスをチェックしている場合、新しい見込み客として期待できるかもしれません。その企業が自社の顧客である確度をチェックするためには、「想定外企業」の行動パターンを調べてみましょう。
図のように訪問回数をクリックして、「行動パターンを分析」を選択するだけで操作も簡単です。
例えば、ある会社では、想定以上に「医療機関」からのアクセスが多いため、従来実施していなかった「医療機関」にDMを発送したところ、多くのリードが獲得できた、という事例もあります。

企業名画面:訪問企業のサイト内行動を、2クリックで確認!

ここでTips!

よくある「想定外企業」の例として、人材サービス会社が表示されることがあります。実際によくあるケースとして、御社に営業をかけるために採用情報等をチェックしていることが想定されます。上記の手順で、行動パターンを見れば一目瞭然です。
御社の見込み顧客として期待できる企業と区別する方法としてぜひ活用してください。

行動パターン画面:人材系企業が採用情報をチェック→見込み客ではない!

営業担当者

次に、営業担当者が活用できそうな情報をみてみましょう。クロス集計の画面を見せてあげてください。その営業担当者が関心のある企業名があれば、そのお客様が何に興味をもっているのかが分かります。
クロス集計の表示方法は、「詳細分析>クロス集計」を選択して、分析軸に「企業名」「進入ページ」を設定してください。
お客様ごとに下記のようなことが推察できます。

例1:○○商事さまと商品Aの商談をしていたのに、メルマガの別の商品の紹介に反応していたり、自ら検索して別の商品Bをチェックしている。
例2:○○株式会社と以前商談があったものの、失注してしまったお客様が、久々に来訪されて、商品Cに関心があるようだ。

といった形で、企業の興味、関心の参考情報として、営業担当者にも有効活用してもらいましょう。

クロス集計:企業が、どんなサービスに興味をもって、訪問してきたかが分かる!

ここでTips!

訪問の傾向を時系列で分析することで、お客様の検討状況が分かる場合もあります。
Visionalistの「クロス集計」画面の中で、分析軸を「企業名」「日別」に変更してみましょう。
時系列的に訪問回数が増える傾向にあれば、御社サービスの導入検討が進んでいる可能性があります。導入が本格化すると、導入担当者の閲覧頻度も高まりますが、同時に周囲の人もアクセスしはじめることがあるのです。

クロス集計:最近アクセスが増えた企業=検討が進んでいる可能性あり!

プロダクト担当者

プロダクトの担当者に「企業名」画面を見せると必ず聞かれることがあります。「私のプロダクトを見ているのはどの企業ですか?」。はい、これも簡単に答えられます。
企業名分析画面から「特定のページを閲覧した」という絞り込み条件を設定することにより、「自分の商品ページを閲覧した」企業名を一覧表示できます。マーケターと同様に、自分の商品がどんなターゲットに興味を持たれているかを知り、アピール方法の改善や、サービス・商品自体の改善の参考にしてもらいましょう。

企業名画面:「特定の製品ページ閲覧」で絞り込むと、その商品に興味を持っている企業がわかる!

ここでTips!

対象となるプロダクトのページが複数ある場合には、それらを「カテゴリ」として登録しておきましょう。より広く、そのプロダクトに興味をもった企業を絞り込むことが可能になります。

高精度なデータを手軽にご利用

Visionalistは、サイバーエリアリサーチ社株式会社提供の「どこどこJP」サービスを利用し、IPアドレスから企業名や地域を高い精度で判定しています。
無料のアクセス解析ツール(Google Analytics等)の場合、企業名データベースサービスを別途契約し、さらにデータ連係の設定が必要になりますが、Visionalistであれば、標準料金で本データをご活用いただけます。

是非一度、ご自身のサイトで「アクセス環境>企業名」のレポートを実際にご覧いただき、他部門の方に共有してみてください。
御社のビジネスに少しでもお役にたてれば幸いです。

お気軽に下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。