今さら聞けない初歩からのアクセス解析

どんなアクセス解析ツールを使えばいいの?

前回のコラムでは「なぜアクセス解析が必要なのか」についてお話しました。 お読みいただいた皆さまには、「Webサイトを見える化すること」の必要性についてご理解いただけたかと思います。 第2回目の今回は、初めてアクセス解析を導入する場合に、どのような視点でパートナーとなるツールやベンダーを選べばよいか、 実際の導入手順や計測結果を紹介しながら進めていきます。

アクセス解析ツールって、どんなものがあるの?

アクセス解析ツールは、データの取得方法の違いにより大きく分けて3種類あります。 まず、それぞれの型の概要を見ていきましょう。

(1)Webビーコン型
Webページに計測タグ(計測用のJavaScript)を埋め込んでデータを取得、解析する。

・メリット
ページに計測タグを貼るだけなので、導入がわかりやすい。取得できるデータが豊富。
・デメリット
計測対象のWebページすべてに計測タグを貼る必要がある。

Webビーコン型

(2)サーバーログ型
Webサーバーのアクセスログを使用し、解析する。

・メリット
Webページを修正する必要がない。ログがあれば過去のデータも解析可能。
・デメリット
Webサーバーが複数ある場合の集計が困難。リピーターの判別が不得意。

サーバーログ型

(3)パケットキャプチャ型
ユーザーとWebサーバー間の通信をキャプチャしてデータを取得、解析する。

・メリット
Webページを修正する必要がなく、取得できるデータも豊富。解析スピードが速い。
・デメリット
専用の解析サーバー設置が必須。自社専用で導入した場合、初期導入費が高額。

パケットキャプチャ型

それぞれメリット・デメリットがあるのですが、初めて導入される場合は、最も導入がわかりやすく、かつ、取得できる情報量も多いという点から「Webビーコン型」のツールをお勧めします。この計測方法では、計測したいWebページのHTMLソース内に、各ベンダーが提供する「計測タグ」と呼ばれるJavaScript を埋め込むだけで導入が完了します。計測タグが埋め込まれたページにユーザーがアクセスすると、どんな検索ワードでサイトに訪れたか、どのページを閲覧してどのページで離脱したのか、どれくらいの時間サイト内に滞在したのか・・というように、実にさまざまな情報が取得され、レポート画面で閲覧できるようになります。

導入って、どうすればいいの?

それでは実際に、計測タグと得られる計測結果がどのようなものか、 弊社のアクセス解析ツール「Visionalist」を例に、見ていきましょう。

計測タグの例

この1行を計測したいページに埋め込めば、導入完了です。
計測タグは、ベンダーによって記述が異なりますが、ほとんどの場合1行~数行程度を埋め込むだけで基本的なデータの計測が可能です。
(※ECサイトのカート計測、Flash計測など、一部の計測については別途プログラムが必要な場合があります。)

次に、計測タグにより取得された計測結果の例を見てみましょう。

PV数・訪問回数・訪問者数


ページ別PVランキング・検索ワードランキング・平均滞在時間・都道府県別ランキング

各ツールによって取得できるデータやレポート画面の仕様は異なりますが、このようにWebサイトの現状を数値やビジュアルで把握することができ、次の施策のための情報を入手することができます。これがアクセス解析ツールによる「Webサイトの見える化」です。

今回のキーワード:検索ワード

Webサイトへの進入にYahoo!、Google、BIGLOBE、MSN、gooなどの検索サイトを使った訪問者が、検索で使用したキーワードです。 検索連動型広告の出稿ワード選定、SEO(検索エンジン最適化)対策などを行う上で重要な指標になります。

例えば、中古車販売のWebサイトを運営していて「中古車」というキーワードでのみ検索連動型広告の出稿をしているとします。 アクセス解析により、実は「中古車 スポーツカー」「中古車 激安」というキーワードでの訪問もかなり多い、ということがわかります。 つまり、それらのキーワードでも広告を出稿することで、より多くの訪問者をサイトに誘導できるようになります。

無料ツールと有料ツールの違いって、なに?

アクセス解析ツールには無料で利用できるものがあります。中には機能的に有料ツールに引けをとらない、実用に耐え得るツールも存在します。

Google Analytics などはご存知の方も多いのではないでしょうか。初めてアクセス解析を検討されている皆さまの中には、最初からの有料ツール導入に躊躇される方も多いかと思います。

ですので、まずは無料のツールを利用し、Webページの一部でよいので計測タグを埋め込んでみて、実際に皆さまのWebサイトがさまざまなデータとなって視覚化される過程を体感してみるのも良いと思います。もし解析パートナーとするに足る、とお感じになれば、そのまま無料ツールを使い続けても問題ありません。

ただし無料ツールの場合、使い方や解析データの読み解き方、トラブル等に関しては、基本的に自分で調べて解決していかなければなりません。これには結構な時間と手間が必要です。

また、解析可能なアクセス数や解析データの保持期間、サービス保証などについても制限事項がありますので、利用規約をよく確認しておく必要があります。有料ツールが無料ツールと異なる点は、機能面に加え、このような点で技術的なサポートや手厚い保証を受けられるところにあります。

機能やデザインに目を奪われがちですが、有料ツールを検討する場合は、こうしたサポート面や保証がどれだけ充実しているかを重視するように心がけてください。

アクセス解析ツール、ベンダーを選択するポイント

最後に、最適なアクセス解析ツール、ベンダーと出会うためのチェックポイントを5点挙げて、今回のコラムのまとめといたします。これらのポイントをご参考のうえ、価格とのバランスを考慮して選択していただければと思います。

1. 必要なデータが取得できること
「問い合わせを増やしたい」「売上を伸ばしたい」「リピーターを増やしたい」など、皆さまのWebサイトにとって特に重要な目的をピックアップして、ベンダーに伝えてください。そして、どのような機能でそれが確認できるのか、聞いてみてください。機能の多さは必ずしも重要ではありません。皆さんの目的に合ったデータが取得できることを重視してください。

2. 無料トライアルができること
長く付き合っていくツールになりますので、使い心地やデザインも大切です。トライアルで確認しましょう。また、必要なデータがスムーズに得られるかチェックしましょう。ベンダーによっては、Webサイトに無料トライアルが記載されていない場合も多くあります。Webからの問い合せや、営業マンに必ず聞いてみてください。

3. トレーニングが充実していること
使い方をマスターするには案外時間がかかりますので、トレーニングが充実していることは大切です。どのようなトレーニング内容か、有料か無料か、事前に確認しましょう。

4. サポート体制が充実していること
使い方や解析データの見方、トラブル時の問い合わせ窓口になります。トライアル中にサポート部門と話をさせてもらい、印象を確かめましょう。また問い合わせをした場合、おおよそどれくらいの時間で返答がもらえるのか、必ず確認しましょう。もちろん返答は速いに越したことはありません。この点は重視してください。

5. Webコンサルティングを扱っていること
アクセス解析の目的は、「Webサイトを見える化」し、そのデータから「どう改善していくか」にあります。解析データを見ても具体的にどうすればよいかわからない、分析している時間がない、分析担当者がいない・・ということもあるかと思います。Webコンサルティングを扱っているベンダーであれば、いざという時には導入した解析ツールのデータをそのまま使い、Webサイト分析の依頼が可能になります。

次回は、アクセス解析の導入後、まず何を分析したらよいかについて解説します。

Webマーケティングトレンド通信
年別アーカイブ
コラム
お役立ち資料ダウンロード

Visionalist サポートサイト