用語集

Webマーケティング用語集

AIDMA(アイドマ)の法則

アメリカの経済学者、ローランド・ホールが提唱した消費行動の仮説。

AIDMA(アイドマ)とは、Attention(注意・注目)→Interest(興味・関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)の頭文字を取ったもので、消費者がモノを買うなど行動に至るまでの心理プロセスに焦点をあてたものです。

このうち、Attentionを「認知段階」、Interest・Desire・Memoryを「感情段階」、Actionを「行動段階」と3段階に区別できます。

用語集索引へ戻る

本用語集は、Web解析ツールVisionalist(ビジョナリスト)を販売しているNTTコム オンラインが提供しています。
Visionalist、関連サービスについてご質問があれば、お気軽に下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら