用語集

Webマーケティング用語集

離脱率(abandonment rate)

Web上で物品を販売したり、資料請求をしてもらうなどある目的を達成するためには通常サイト訪問者に複数の段階、すなわち複数のページを経てもらうことが必要です。離脱率とはある特定ページに来た訪問者数のうち次の段階(ページ)に進まずにサイトを退出したり、30分以上放置したままになった人数の比率をいいます。

指標としての離脱率はWebサイトの目的に応じて設定する必要があります。プロセス全体からの離脱(プロセスの各段階での離脱者合計/進入ページの全訪問者数)を測定することもあればある特定ページからの離脱率を測定する場合もあります。ページ単位でみる場合、特にページ離脱率(page exit ratio)と呼ぶ場合もあります。Webサイトトップページ、広告のランディングページ、コンバージョン直前のページなどがよくページ離脱率を測定する対象として設定されます。

離脱率は訪問者数のほかにページビュー数や訪問回数を単位とした比率で表すことも可能です。

Web解析ツールVisionalist(ビジョナリスト)では、経路分析(樹形図)という機能があり、ページ間の離脱率を見ることができます。

経路分析に有効なWeb解析ツールVisionalistの詳細はこちら

用語集索引へ戻る

本用語集は、Web解析ツールVisionalist(ビジョナリスト)を販売しているNTTコム オンラインが提供しています。
Visionalist、関連サービスについてご質問があれば、お気軽に下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら